【ダイハツ工業】インターンシップにAI×小型ロボットアームを活用した理由とは

【ダイハツ工業】インターンシップにAI×小型ロボットアームを活用した理由とは

国内有数の自動車メーカーであるダイハツ工業株式会社(以下、ダイハツ工業)は、2020年より本格的に全社のAI導入を開始しています。
同社のデータサイエンスグループではデータサイエンスの業務体験インターンシップを実施するにあたり、
・仕事は大変なことも多いが楽しいということを体験してほしい
・残りの学生生活をどう過ごしていくか、自分に必要なものを考えるきっかけにしてほしい
・AIを業務適用させることの大変さや、ダイハツ工業がどう進めているかを知ってもらいたい
といった思いからAIや小型ロボットアームを活用したとのことで、ダイハツ工業株式会社 コーポレート統括本部 DX推進室 DX領域 データサイエンスグループ 吉田 裕貴氏にお話を伺いました。

インターンシップで画像分類と小型ロボットアームを連携させた自動仕分けを実施

ダイハツ工業は2022年2月23~25日の3日間で、小型ロボットアームを活用し、データサイエンスに関する業務体験インターンシップを行いました。
インターンシップでは1人1台の小型ロボットアームを使用し、「AIによる市販チョコ5種類の画像分類」や「小型ロボットアームと連携させた市販チョコ5種類の自動仕分け」を実施したそうです。

ダイハツ工業_1.jpg

■インターンシップの主な内容
【AIによる市販チョコ5種類の画像分類】
「人の手による仕分けではミスが起こりやすい。ミスの度に仕分け内容を再確認することが必要となり、工程の無駄が発生している」という仮想の課題を提示。その解決に向けて、工場の現場に実装することを想定したシステム制作を実施。
・上記課題に対して改善方法(課題設定)をディスカッション
・データ取得時にどのようにデータを取得すべきか(環境や光の当たり具合等について)ディスカッション
・ディスカッション内容をもとに、カメラの位置の調整等を行いながらデータを取得
・取得したデータを学習
・実際に分類ができるかを確認、テストデータで予測

【小型ロボットアームと連携させた市販チョコ5種類の自動仕分け】
・積み木を使って小型ロボットアームの動かし方を実践(Pythonプログラムで動かす)
積み木を3個上に積んでいくなど、小型ロボットアームの動かし方を楽しみながら学ぶ
・指定場所への持ち運び(各自決めた場所へ運搬するプログラムを作成)
・AIによる画像分類後に「対象物をどこへ動かすか」等を試行錯誤しながら設定し、実行


【実際の自動仕分けの様子】

発表会等を除くと実際にインターンシップに参加した学生が作業したのは2日間となっており、1日目でデータ設定や小型ロボットアームを動かす体験、2日目で画像分類と小型ロボットアームの動きを組み合わせた自動仕分けシステムの制作に取り組んだそうです。
今回のインターンシップには数十名の応募の中から面接を経て選ばれた大学3年生2名が参加し、うち1名の学生はPythonに関して初心者だったとのことで、事前に2週間かけてPythonを学んでから参加されたそうです。

インターンシップ実施にあたり工夫した点や学生の反応

インターンシップを実施する際の工夫点について吉田氏にお伺いしました。
吉田氏:
インターンシップでは学生にとにかく楽しんでもらうことを重視しました。学生同士は初対面だったので、場を和ませるために「これについてどう思いますか?」と学生に尋ねて意見を出してもらうなど、学生が話しやすい環境作りを心掛けました。
画像分類を行うにあたりテーマの選定やデータセット、実装までを短期間で行うにはデータサイエンスの経験がどうしても必要となりますが、話しやすい環境作りを行うことで初対面の学生同士がお互いにサポートし合えるインターンシップとなりました。
またこのインターンシップを通して学生にモノづくりの達成感を味わってもらいたく、「AIと小型ロボットアームを使った自動仕分けの製作」が絶対に成功するように事前準備には2週間を費やしました。
間違いがないようにスクリプトを作り込んだり、学習データの取り方やAIと小型ロボットアームの連携を考えたりする他、工場の人に頼んでカメラ台を作成してもらったりもしました。

実際にインターンシップに参加した学生の反応について吉田氏は次のように話しました。
吉田氏:
学生は小型ロボットアームが動いた瞬間に「ちゃんと動いた!」という反応をしていて、自分の書いたプログラムで実際にロボットが動く様子をみてプログラムを書くことが楽しくなっていく様子でした。データ取得から小型ロボットアームを動かし、自動仕分けの実施までの一連のプログラムが終わった時の、やりきって満足した笑顔が印象的でした。
学生2名でのインターンシップということで、何か上手くいかないことがあれば学生同士で教え合う等、チームとして協力して活動する場面もあり、より実際のビジネスに近いインターンシップになったと思います。
「仕事は大変な時もあるけど楽しい!」と学生に体験してもらうことを今回のインターンシップの目的の1つにしていたのですが、試行錯誤しながらコードを書いて上手く動かせた時は学生に大変さと楽しさを感じてもらえたのではないかと思っています。

ダイハツ工業_2.jpg

AI×小型ロボットアームで、より実務的なインターンシップへ

今回、AIと小型ロボットアームを連携させたインターンシップを実施したきっかけについてお伺いしました。
吉田氏:
昨年(2021年)に初めてインターンシップの受け入れを行い、
・YOLO-v3による工場部品等の物体検知、Raspberry Piへの実装
・ダイハツ工業社員限定のKaggle(※)コミュニティコンペへの参加
 (※)Kaggleとは、世界中の機械学習やデータサイエンスに携わっている方が集まるコミュニティで、
           企業などの組織とデータ分析のプロフェッショナルな方々とを繋げるプラットフォームです。

といった内容を実施しました。
しかし私たちの準備不足もありインターンシップ内でYOLO-v3での物体認識が上手くいかなかったことから、学生に達成感を感じてもらえず、インターンシップの満足度が少し低くなってしまったのではないかと感じていました。
そこで今回のインターンシップでは「ロボット制御とAIを同時に体験できると面白いかもしれない」と思い、安価かつ迅速にロボットアームとAIの連携を実現できる小型ロボットアームを活用しました。

また吉田氏はAIのビジネス適応について次のように話します。
吉田氏:
AIだけで出来ることはあまりなく、AIはロボットや他設備との連携があってこそビジネスへ適用することができると考えています。小型ロボットアームとAIの連携を学生に体験してもらうことで、ダイハツ工業が現在行っている「AI技術の業務適用」の大変さを伝えられ、より実態に即した、実務的なインターンシップを実施できました。

小型ロボットアームをインターンシップで活用する理由とは

吉田氏:
AIを活用するにあたり、必ずしもPythonが出来る必要はありませんが、Pythonを知っている方が出来ることの幅が広がります。そのため今回のデータサイエンス体験インターンシップに参加したPython初学者の学生に対しても、Pythonを学ぶハードルを下げて、取り組みやすくしたかったという思いがありました。
小型ロボットアームはプログラムを少し書くだけでアームが動くので、プログラミング結果が目で見て分かりやすく楽しいと感じてもらうことができます。その点で、「プログラムは簡単なものだ」「地道にプログラムを書いていけば完成形に近づいていく」という感覚を理解してもらうには小型ロボットアームがぴったりだと思いました。
また、ダイハツ工業の工場では自動車が完成するまでの過程に多くのロボットアームが関与しているため、インターンシップに参加した学生には是非ロボットアームを体験して欲しいと思っています。しかし現場で常に稼働するロボットアームをインターンシップ内で動かすとなると、生産ラインを止める必要があり現実的ではありません。
そこで、現場までいかなくてもダイハツ工業の業務をイメージしやすいものはないかと考え、工場内のロボットアームを模擬的に動かせる小型ロボットアームを選びました。

今後は社内教育や工場内へ展開を検討

吉田氏:
今回のインターンシップは、
参加した学生に「楽しんでもらう」「ダイハツ工業を知ってもらう」「残りの学生生活で自身に必要なものを見つけてもらう」「卒業論文テーマにしてもらう」
ダイハツ工業にとっては「全社AI研修をオンラインで実施するための試行」「小型ロボットアーム実装に向けた勉強」
という位置づけで実施していました。
今後はインターンシップで得た知見を活かしてダイハツ工業の社内教育に横展開していきたいと思っています。
その他、小型ロボットアームを工場内の仕分け作業や部品供給、キズの検知等に使えないかを、現在検討中です。

企業プロフィール

企業名 ダイハツ工業株式会社(DAIHATSU MOTOR CO., LTD.)
主な事業内容 自動車の製造および販売
従業員数 13,033名(2021年4月1日時点)
企業サイト https://www.daihatsu.co.jp/top.htm

講師プロフィール

ダイハツ工業_吉田さん.jpg
名前 吉田 裕貴
経歴 2017年4月にダイハツへ入社。入社から4年間はエンジンの先行開発を行っており、
        5年目からデータサイエンスグループへ異動し、今現在まで社内のAI活用推進を進めている。
主な業務内容 自社開発部門全般のAI活用推進

関連記事

お役立ち資料

dobotaitext2.PNG ロボットアームの制御、深層学習を用いた画像処理の仕分けを学びたい方へおすすめの教材「AI×画像認識×ロボットアーム制御」の教材サンプルをご紹介します。
ダウンロードはこちら

【アーカイブ動画配信中】企業での実践事例!小型ロボットアーム活用方法と導入効果

920x450_バナーPeatix用_企業での実践事例!小型ロボットアーム活用方法と導入効果.PNG 小型ロボットアームを導入した企業での活用事例をご紹介します。今注目されている小型ロボットアームについて情報収集をしたい方に最適なセミナーです。
詳しくはこちら

自動化、省力化を実現!小型ロボットアーム導入相談会

dobotconsult.jpg 業務の効率化や生産ラインの省力化を求められている企業の皆さま、高精度で多機能な小型ロボットアーム(Dobot)の操作をご覧になりませんか。
どんなことができるのか、何に使えるのか、実際に操作しながら相談会を実施いたします。予約制の個別相談会ですので、じっくりご相談いただけます。
詳しくはこちら

bnr-dobot-seminar02_500x164.pngbnr-dobot-seminar_1000x360.png

bana-interviewrequest大2.JPG

関連記事