地場産業の活性化を目指し、小型ロボットアームで自動化への第一歩を踏み出す

新潟県の燕三条地域の産業活性化を目指す燕三条地場産業振興センターが地域企業の生産性向上を目的に生産ラインのデモシステムを導入したとのことで、公益財団法人燕三条地場産業振興センターの佐藤氏にお話を伺いました。

【保存版】これまで紹介したフレームワークやモデルの関係性をマッピング【連載】

連載10回目を迎えた本記事では、これまでの連載を振り返りながら、各回に出てきたフレームワークやモデルの関係性を整理し、体系的にまとめています。

「ゲームの技術」を活かした人材育成。Unityを活用したロボットコンテストとは

様々な分野で活用されているUnityの技術。Unityの魅力に迫るとともに、ロボットコンテストでどのように活用されているかを紹介します。

未来をつくる子どもたちに伝えたい、フードロスと貧困問題の解決を目指す缶詰から始まる物語

本記事では岡山を中心に活動する「コノヒトカンプロジェクト」を紹介します。食材廃棄や貧困問題への関心をきっかけに始まったプロジェクト内容や教育現場での活動について取材しました。

スクールに通う女の子の声をご紹介!女子限定クラスで子どもの好奇心を自由に育てる【ITeens Lab】

女の子がのびのびと活動しやすい場として開講している「女子限定クラス」の様子や魅力について、ITeens Labの近藤さん、実際にクラスを担当している豊國さん、そして女子限定クラスに通う生徒さんにお話を伺いました。

ジェンダーレスにプログラミング教育をお届け!未来を生き抜く力を育てる取り組みとは【エデュケーショナル・デザイン】

小中学生向けオンラインプログラミングスクール「D-SCHOOLオンライン」を運営するエデュケーショナル・デザイン株式会社では、男女問わずプログラミング教育の機会をお届けできるよう、「ジェンダーレスな教材の開発・提供」や「女子校でのプログラミ...

女の子が夢中になる電子工作&プログラミング!将来の選択肢をひろげる機会をつくる【プログラボ ガールズプロジェクト】

理工系女子応援活動として、ものづくりやプログラミングなどの理工系に興味を持ってもらうための取り組みを行っているとのことでプログラボ ガールズプロジェクトの楠本さんにお話を伺いました。

【ダイハツ工業】インターンシップにAI×小型ロボットアームを活用した理由とは

ダイハツ工業株式会社のデータサイエンスグループでは、データサイエンスの業務体験インターンシップを実施するにあたりAIや小型ロボットアームを活用したとのことで、吉田 裕貴氏にお話を伺いました。

RPA×小型ロボットアームの卒業研究、「発送業務の半自動化」をテーマに

RPAと小型ロボットアームという2つのロボット技術を活用し「煩雑な発送業務を簡単に自動化する仕組みの実現」を目指した卒業研究を行ったとのことで、東京工科大学 工学部 電気電子工学科 天野直紀先生にお話を伺いました。

【宮崎大学】企業と競い合う学生チームがロボットコンテストで得たものとは

宮崎大学 片山徹郎研究室ではロボットコンテストを活用し企業チームと競い合いながら未来のエンジニアを育成しています。本記事では新しい挑戦を続けながらロボットコンテストで優秀な成績を収めるチーム「KatLab」の事例を紹介します。

小型ロボットアームで「荷物仕分けデモシステム」を開発、モノづくりのプロセスを学ぶ

普段ソフトウェアを中心に学びロボットを使う機会がない情報系の学生にソフトウェアに注力しつつも小型ロボットアームを活用する実習を行ったとのことで、沖縄職業能力開発大学校 生産電子情報システム技術科の事例を紹介します。

小型6軸力覚センサーのデモンストレーションに小型ロボットアームを活用、自社製品の魅力をお客様へ最大限にアピール

ミネベアミツミ株式会社では小型ロボットアームを活用した製品デモンストレーションを行ったとのことで、デモンストレーションの様子などについて技術開発部門 機能技術開発部 永渡氏、齋藤氏にお話を伺いました。