アフレル学び研究所

教材サンプル「顕微鏡とディープラーニングによる自動判定制御」

小型ロボットアームDOBOT Magician®(以下、DOBOT)とRaspberryPi 4Bを使って、ロボット制御、画像処理、AI/IoTの基礎知識を学びたい方におすすめ教材「顕微鏡とディープラーニングによる自動判定制御」のサンプルをご紹介します。

cover_microscopeai.jpg

教材と特徴

RaspberryPi 4Bと顕微鏡、DOBOT Magician®を使用して、 機械学習を使ったワークの判定から、ロボットアームと連携した良品/不良品判定・選別システムの構築までを実践的に学びます。

【特徴】

  • 機械学習や判別方法のプロセス、閾値の設定方法、分類器の違いが学べる
  • 顕微鏡を用いるため、キズや光沢なのど微細な違いを判別可能
  • コンベヤーベルトを活用し、スマートファクトリーを学ぶ環境構築を実現

【学習内容】

  • データセットの作成
    良 / 不良品画像を撮影します。
  • 学習・推論
    データセットを使って学習し、重みデータファイルを作成し、推論します。
    推論結果から、DOBOTに良/不良で結果を送ります。
  • DOBOT制御
    良/不良結果により仕分けを行います。

資料ダウンロードは、フォームへ必要事項をご入力後、個人情報保護方針に同意された上で、「送信」ボタンをクリックしてください。

※ダウンロードのエラーが出た場合は、お手数ですが afrel-learnlab@afrel.co.jp にご連絡ください。